カテゴリー別アーカイブ: 未分類

借りてはいけないカードローン会社を見分けるコツ

カードローンとひとことで言っても実にさまざまな種類があります。知名度の高い銀行や消費者金融が提供しているカードローンは、やはりそれなりの安心感を持って利用できます。
金利や利用限度額など各社間で細かな違いがあるものの、しっかりした母体がある金融機関であることはカードローン選びで大きなポイントとなるのではないでしょうか。
しかし世の中には逆に信用のおけないカードローンも多々存在しています。いわゆるヤミ金融といわれるような悪徳業者に引っかからないよう、くれぐれも注意しなければなりません
。悪徳業者からお金を借りてしまうと、法外な金利のもとに膨大な利息を請求されて返済地獄になる恐れもあります。ただこれらの業者も一見してそれと分かるものではなく、
はじめは一般的なカードローンを装っているものです。収入が少なくてもブラックでも借りられる、などの誘い文句で勧誘を行う場合も少なくありません。
どうしてもお金が必要なのにどのカードローン審査にも通らなくて困っている人の心理を巧みに利用するのです。もしヤミ金融の疑いがあるときには、
インターネットでチェックすることもできます。「日本貸金業協会協会員検索入力ページ」や「登録貸金業者情報検索入力ページ」といったサイトから、
業者名を入力して検索してみましょう。正規業者は検索結果に業者名が出ますが、ヤミ金融などは検索しても表示されません。悪徳業者に手を出すと、
その場のお金は工面できても後に大きなトラブルが待ち構えています。安心して借りられるカードローンをしっかり見極めることが重要です。

保証人と連帯保証人はカードローンの申し込み時に必要か

カードローンの申し込みに保証人や連帯保証人は必要ありません。
保証人などが不要な為信用リスクがある分住宅ローンなどに比べて金利を高く設定しています。
そして利用者が保証人などを準備する必要はありませんが、銀行カードローンは利用者に保証会社の保証を受けることを条件に融資をしています。
この保証会社はたいてい大手消費者金融であり、銀行カードローンは保証会社に保険料を払う代わりに利用者が返済出来ない場合は保証会社が銀行カードローン会社に利用者に代わって返済する事としています。
この仕組みで保証人などがいない信用リスクをカバーしています。

保証人と連帯保証人は一見似ていますが違います。
保証人は債務者が自己破産や行方不明で連絡が取れないなどで借入金を返済できない場合に債務者に代わって返済します。
但し保証人には権利があります。
1つ目は債権者が債務者に十分な取り立てをせずに保証人に返済を要求してきた場合には、先に債務者に支払いを要求するように主張し保証人は返済を拒否することが出来る権利、催告の抗弁権です。
2つ目は債務者に財産が有る場合にはまずそれを優先的に返済に充てるように主張し保証人は返済を拒否する事が出来る権利、検索の抗弁権です。
しかし連帯保証人にはこの二つの権利はありません。
法的には債務者と連帯保証人は全く同じの扱いになるのです。

債務者が返済をしなければ債権者は債務者に取り立てをせずにすぐに連帯保証人に返済を要求出来るのです。
拒否すると強制執行され給与を差し押さえられる可能性もあります。
保証人と連帯保証人はどちらも重責ではありますが、特に連帯保証人になってしまい莫大な借金を背負わされた人も多く簡単には引き受けるべきものと言えないのです。

保証人不要のカードローン

世の中はまさにカード時代、1人一枚は当たりまえ、人によっては複数のカードを携帯している。
ところが、私は世の中に逆行していたのか一枚のカードも持っていなかった。
と言うより、持つことも拒んでいた。
私にはお金が無いからとカードローンを安易に使う事はまさに一つの罪悪、お金が無ければ無いの生活をすればいいのだ。
常にそんなスタンスで生きてきたからこそカードは無用の長物なのだ。
それが変わったのは海外旅行だった。
それというのも前回行ったハワイ旅行での最後の夜、ドルは全部使ってしまえと入ったレストラン、思った以上に高くておごるはずだったのが足りない困った。結局、最終的には娘のカードに助けられるはめになった。 現金もいいけれど知らない国ではその国の通貨しか使えないことがあるのよ、そんな時買い物にもカードローンにも使えるカードはとても便利だと言う娘の言葉は身に染みた。 私はカードに対する知識も古かったようだ。 カード=保証人を立てるという考えが頭の中にあった事を認める。 娘、曰く、カードは自分の生き方を写す鏡、そんな人にしかカードは発行されないの、保証人は自分だからね。 その言葉に納得した私は今2枚のカードを所有し始めた。 派遣でも使えるのはありがたい。 カードローンはまだだが買い物はした。 サインをするとき何故か偉くなったような気がするのはどうしてだろう。