保証人と連帯保証人はカードローンの申し込み時に必要か

カードローンの申し込みに保証人や連帯保証人は必要ありません。
保証人などが不要な為信用リスクがある分住宅ローンなどに比べて金利を高く設定しています。
そして利用者が保証人などを準備する必要はありませんが、銀行カードローンは利用者に保証会社の保証を受けることを条件に融資をしています。
この保証会社はたいてい大手消費者金融であり、銀行カードローンは保証会社に保険料を払う代わりに利用者が返済出来ない場合は保証会社が銀行カードローン会社に利用者に代わって返済する事としています。
この仕組みで保証人などがいない信用リスクをカバーしています。

保証人と連帯保証人は一見似ていますが違います。
保証人は債務者が自己破産や行方不明で連絡が取れないなどで借入金を返済できない場合に債務者に代わって返済します。
但し保証人には権利があります。
1つ目は債権者が債務者に十分な取り立てをせずに保証人に返済を要求してきた場合には、先に債務者に支払いを要求するように主張し保証人は返済を拒否することが出来る権利、催告の抗弁権です。
2つ目は債務者に財産が有る場合にはまずそれを優先的に返済に充てるように主張し保証人は返済を拒否する事が出来る権利、検索の抗弁権です。
しかし連帯保証人にはこの二つの権利はありません。
法的には債務者と連帯保証人は全く同じの扱いになるのです。

債務者が返済をしなければ債権者は債務者に取り立てをせずにすぐに連帯保証人に返済を要求出来るのです。
拒否すると強制執行され給与を差し押さえられる可能性もあります。
保証人と連帯保証人はどちらも重責ではありますが、特に連帯保証人になってしまい莫大な借金を背負わされた人も多く簡単には引き受けるべきものと言えないのです。