銀行系カードローンのメリットとデメリット

銀行系カードローンのメリットは、
安心感&安定感
低い金利&大きな限度額
総量規制対象外
などが挙げられます。
銀行系カードローンは、銀行が運営していますから安心感があります。
また簡単に会社が潰れることもありませんから、安定感抜群です。
特にお金を借りるという行為が初めての方は、安心感&安定感を求める傾向が強く、名の知れたところから借りたいと思うものです。
そういった希望に沿ったカードローンとなっています。

次の低い金利&大きな限度額ですが、お金が集約される銀行が運営していますので、資金調達などの手間がかかりません。
ですから他社よりも低い金利や大きな限度額が実現できるのです。
金利は数%違うだけで、総支払額がかなり違うものです。
他社の最高金利は18%前後に対して、銀行系カードローンだと15%前後というところも少なくありません。

また限度額も他社は300万円迄ですが、銀行系カードローンは平均500万円、大きいところでは800万円迄とかなり大きな限度額が用意されています。
使用使途は原則自由となっていますから、利用方法はかなり広がります。
最後の総量規制対象外ですが、消費者金融や信販会社は貸金業法に基いて経営をしているのに対して、銀行系カードローンは銀行法に基いて経営をしています。
総量規制という法律は貸金業法の中の法律で、
年収の三分の一以上の借入の禁止
配偶者貸付けに関しては夫の同意を得る
などの内容となっています。
消費者金融や信販からは、自身の年収の三分の一以上の借入や専業主婦の借入ができないのですが、銀行系カードローンは総量規制対象外なので関係なく借入ができるのです。
一方のデメリットは、審査に若干時間がかかるという点になります。

やはり申込~融資までのスピードは消費者金融に勝るものはなく、銀行系カードローンも即日融資を謳ってはいますが、若干時間がかかってしまいます。
しかし最近はこの部分の強化が図られ、早く融資が受けられるようになっています。

さくら専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ