毎月返済と一括返済はどのくらい利息が変わってきますか?

キャッシングでお金を借入れると、翌月から返済が必要になります。
返済方法には色々ありますが、一般的には毎月一定額を返済していく方法が多く採用されています。
お金を借りるという行為には当然利息というものを伴います。
基本的にはタダでお金を貸してくれるところはありません。
借入金の返済額に加えて利息をプラスした分を毎月支払うことになります。
利息の金額は、利用残高×実質年率÷365日×利用日数という数式で簡単に計算することができます。

つまり完済までの期間が長いと利用日数がかさむことになり、その分利息を多く払わなければなりません。
毎月一定額を返していくパターンだと、なるべく少額に設定することで月々の負担は軽減されます。
そのかわり完済までに日数を要するので利息が膨らみ、いつまでも残高が減らないという事態も起こりえます。
いっぽう一括返済という方法を選択することもできます。
キャッシングを利用した全額を一括で返してしまうのです。
一括返済を行う日までの利息は日割りでプラスされるものの、毎月返済していくのに比べると返済総額はずっと少なくて済みます。
キャッシングした翌月に一括返済してしまうのが最も利息を抑える方法といえます。

もし毎月返済を選択していても、お金に余裕ができたときに途中で残りを一括返済してしまうことも可能です。
繰上げで一括返済することにより、その後払う予定だった利息分が丸々浮くことになります。
ですから始めは毎月返済でスタートしても、可能ならできるだけ早い時期に残りを一括返済するのがおすすめです。
キャッシングする利用金額にもよりますが、毎月返済と一括返済ではそれなりに利息の差が出てきます。
返済に時間がかかるほどその差は大きくなります。
最近では無利息期間を設けているキャッシング会社もあり人気を集めています。
無利息期間と組み合わせれば、長めに借りても利息は抑えられる可能性が高くなります。
以上のように利息計算も頭に入れて、上手にキャッシングを利用しましょう。

さくら専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ