審査内容は教えてもらえますか?

キャッシングに申し込んだあと行われるのが審査です。
審査に通らないと、そのあとの契約から融資を受けることはできません。
この審査とは一体どのようなことが行われているのでしょうか。
まず一つ申し上げるとすると、審査内容はどこのキャッシング業者も完全非公開で行います。
どこをどのように審査しているのかは申込人には一切知らせることができません。
なぜならば、審査内容を公にしてしまうと、その点だけを気をつけて申し込めば詐欺などの悪いこともできてしまうからです。
キャッシングの審査に落ちてしまったとき、
どこが悪かったのか聞いても業者は一切教えてくれなかったという方もいらっしゃることでしょう。
それはこういった目的だからなのです。

しかし、審査で行われていることは気になりますよね?
具体的にどの部分を審査で見ているのか、それは虚偽申告が無いかどうかという点です。
審査では提出された申込書と身分証明書を元に、その内容が本当かどうかを確認します。
本当かどうかを確認するために、在籍確認と言って、自宅や会社に在籍しているかどうかの確認の電話をします。
さらに、他社の借入件数なども本当のことを記入しているかどうか個人信用情報機関に照会もします。
このように、様々な角度から提出された申込書や身分証明書が本当かどうかを確認する作業が審査だと思ってください。

それらを確認した上で、融資が可能と判断された後に限度額等の判断が下されるのです。
もちろん本当のことを記入しても審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。
それは他社の借入状況が申し込んでいる業者の基準外だった場合や、
一度にたくさんの業者に申し込んだためにヘッジがかかってしまった場合など、いろいろな要素が考えられます。

しかし、先ほども言ったとおり落ちてしまった理由は絶対に言えないようになっているのです。
とにかく、申込書には本当のことを記入するように心がけて申し込むようにしましょう。

さくら専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ