収入証明書は必要ですか

カードローンを申し込む際には、前もって必要書類を用意しておくことをおすすめします。
特に即日融資を希望しているなら、特に書類準備は不可欠です。
書類が揃っていなかったり不備があったりすると、当日中の審査や発行は難しくなります。

どんな書類が必要か

大きく分けて本人確認書類と収入証明書類です。
最近では少額のローンの場合は収入証明が不要のものもありますが、ある程度の金額以上なら大抵必要となります。

まず本人確認書類ですが、通常は運転免許証や健康保険証のコピーが一般的です。
あるいはパスポートの写しでも大丈夫です。
いずれも有効期限をチェックした上でコピーを用意しましょう。
学生の方なら学生証の提出が必須になります。

次に収入証明書類です。
収入が安定してあることを証明する書類のことで、会社から給料が出ている方でしたら源泉徴収票や給与明細書などが利用できます。
個人事業主や自営業の場合は税額通知書・所得証明書・確定申告書のコピーなどが所得証明書になります。
確定申告書には税務署の受付印が入っていないと無効ですので注意しましょう。
個人事業主の方なら更に営業状況についての説明書類が必要になる場合もあります。
店舗やホームページから専用のフォーマットを入手することができます。
個人事業は安定した経営を判断するのがなかなか難しいということで、こういった書類が必要なケースもあるのです。
特に記入が面倒なものではないので心配ありません。

またたとえば水商売など、収入の安定性が不透明な場合は更に書類を要求される場合もあり得ます。
本人の収入だけでなく雇用主の経営も不安定という理由からです。
このようなケースではお店などが安定して経営していることを示すような書類が必要になることもあるわけです。
ほかにも直近の2ヶ月分の給与明細などを要求されるケースもあります。
基本的にカードローンの審査は、収入が安定しているかどうかが大きなポイントになってきます。
申し込みを検討する際にはホームページなどで必要書類を入念にチェックしましょう。

基本的には大体どこでも同じような書類になりますが、カードローンの種類やご自身の職業によっても違う場合がありますので説明をよく読みましょう。
また書類が手元に準備できるまで時間がかかる種類のものもあります。
ゆとりをもって書類に不備のないよう注意して準備しておけば安心ですね。

さくら専業主婦が内緒で借入できるカードローンの詳細へ